MENU
シンプルでカスタマイズしやすいWordPress.org登録テーマ

第36回 いのちの電話相談員全国研修会おかやま大会
第16回 アジア太平洋地域電話カウンセリング国際会議

2019年10月24日(木)〜26(土)

第36回 いのちの電話相談員全国研修会おかやま大会
第16回 アジア太平洋地域電話カウンセリング国際会議

2019年10月24日(木)〜26(土)

ご挨拶「“晴れの国おかやま”で、こころの橋をかけましょう」

一般社団法人 日本いのちの電話連盟 理事長
社会福祉法人 岡山いのちの電話協会 会長
公益財団法人慈圭会慈圭病院 理事長
堀井茂男

 第36回いのちの電話相談員全国研修会おかやま大会・第16回アジア太平洋地域電話カウンセリング国際会議を、「かけよう心をつなぐ橋」のテーマで、2019年10月24(木)〜26(土)、岡山プラザホテルと岡山国際交流センターを中心に開催することになりました。

 わが国でいのちの電話が生まれたのが1971年、日本いのちの電話連盟が設立されたのが1977年のことでした。以来40年を超え、本年9月に開局する宮崎いのちの電話を含めて、全国50センター6300名を超える電話相談ボランティアが、毎年約65万件の寂しい、孤独な方たちの声を聴かせていただく役目を担ってきています(2018年統計)。その電話相談員の1年に一度の全国研修会が36回目を迎え、3年に一度の第16回アジア太平洋国際会議と併せ、開局35年目を迎える岡山で開催されることになります。

 本大会は、電話相談の原点であるカウンセリング、共感的理解に焦点を当て、“こころのつながり” を求めて、納得、安心を送り続ける、展開を求める研修会にして戴きたいと願っています。本大会では基調講演に黒住宗晴黒住教名誉教主、青木省三川崎医科大学精神科名誉教授にお願いすることができました。シンポジウムでは、青年期の人たちとのつながりに関連して、関西福祉科学大学 川上範夫教授に、また「日本の災害と自殺予防」について日本自殺予防学会太刀川弘和先生にコーディネートをお願いしました。その他、テーマに沿った分科会や催しが企画されています。

 多くの電話相談員の方々が参加され、「おかやま大会」が電話相談の過去、現在、未来を見据え、スピリチュアリティを伴って新しい一歩が踏み出せるようなきっかけになることを期待しています。

 岡山は、後楽園、瀬戸大橋、倉敷美観地区など観光名所も多く、果物(ぶどうや梨の美味しい季節です)や海の幸でも有名な地域です。観光も含めて心より皆様を歓迎します。“晴れの国岡山”での本会が有意義な会となりますよう、皆様とともに学び、懇親を深めたいと思います。

PAGE TOP